2013年11月09日

合氣道聖人塾創立15周年記念演武大会の参加報告(※動画追加しました。)

2013年11月3日、縁あって大分県別府市にある「合氣道聖人塾」の創立15周年記念演武大会に招かれることとなりました。

宮崎大学合気道部からは、高岡良多(初段)、井平学(二段)、土屋未来(初段)、安藤駿(初段)の4名が参加しました。

image

会場は大分県別府市の別府アリーナです。
とても大きな会場でした。

image

九州北部を中心に、祥平塾傘下道場の方が多く参加されていました。

image

image
まずは合同稽古から始まりました。

image
祥平塾道場長である菅沼守人先生の指導を受けることができました。

image
他道場の方との交流は大変勉強になります。

image
宮崎大学合気道部の控えスペースです。
他にも多くの大学や道場が参加していました。
そして、ついに演武大会が始まります。


早速、賛助演武として宮崎大学合気道部の出番がやってきました。

image
高岡、土屋による演武です。

image
井平、安藤による演武です。

何とか、無事に?演武することが出来ました。
この後、APU立命館アジア太平洋大学や別府大学、大分大学の合気道部の演武もあり、他大学のレベルの高さに圧倒されました。

演武の様子はこちら



image
更に、他道場の先生方の友人演武や…

image
合氣道聖人塾の塾長である三井敏嗣先生の演武があり、大変勉強になりました。

image

菅沼先生の挨拶では、数稽古、工夫稽古、見取り稽古の3つの稽古の大切さをお聞きしました。

何回も技を稽古する数稽古、
自分の身体に合うように工夫する稽古、
他の方の技を見る見取り稽古です。

また、「一体即飛躍」というアドバイスもいただきました。
道場が連携し、一体となる事で更に飛躍していく…との事でした。

image
最後は菅沼先生の演武を見る事ができました。



さて、ここで今回演武大会に参加した高岡良多の感想を紹介します。

==================================
2013年11月3日(日)大分の合気道聖人塾創立15周年記念演武会に
宮崎大学合気道部の代表として4人で参加してきました。

今回は、同流門である合気会傘下の祥平塾との合同稽古と演武会を体験しました。
合同稽古では、普段とは異なる技の稽古や様々な方との稽古が新鮮でした。
演武会では、多くの道場の有段者による演武や
他大学の合気道部による演武など、見習う事や新しい発見が多くありました。
聖人塾塾長の三井師範や祥平塾道場長の菅沼師範の演武を間近で見学出来たのは貴重な体験でした。

普段の稽古だけでは経験出来ない事を多く体験することが出来ました。
==================================

今後も、このような機会があれば積極的に参加したいと思います。
合氣道聖人塾の皆様、大変お世話になりました。




最後に、宮崎大学合気道部の現役生に
菅沼先生の横面打ち四方投げを伝えておきます。

最近、宮崎大学合気道部でも稽古をしている転身を使った技とは、このような感じです。
image
後ろに下がらず、お互いに身体が入れ替わるように回転しているのがわかります。
最後に極めが入るのは祥平塾の特徴ですね。

miyadai_aikido at 15:17│Comments(1)TrackBack(0)日々の稽古 | お知らせ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 宮崎合気道会HP管理人   2013年11月10日 00:47
充実した遠征だったようですね!
しっかり受け止めて今後の稽古に活かしてくださいね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字