2015年04月21日

小林保雄総師範

こんばんは、部長の大森です。
最近、学科の実習に時間を取られてブログ更新ができておらず、申し訳ありません。
稽古はいつも通り楽しくやっております。

ところで、来月の5月3日に、小林保雄総師範が宮崎県で講習会をしてくださいます。
小林保雄先生がどのような方なのか、僭越ながら紹介させていただきます。
DSC01520

合気道は、植芝盛平先生を開祖とする武道です。
その開祖から直に指導を受けた方々は"直弟子"と呼ばれ、師範の中でも特別な存在なのです。
小林保雄先生はその"直弟子"であり、現在8段でいらっしゃいます。

大学時代に合気道を始められて、後に直弟子で初の個人道場「小林道場」を設立されました。
僕たちのお師匠さんの高橋先生は、小林保雄先生から合気道を教わり、宮崎合気道会・宮崎大学合気道部はこの小林道場の傘下にあります。
つまり、僕たちからすれば、小林保雄先生は大師匠に当たるわけです!!

小林保雄先生は、80歳近くにも関わらず、今でも受け身をされ、時には飛び受け身もされていました。「初心を忘れず、体を動かして指導していきたい」という先生の理念は本当に感銘を受けます。

合気道オタクの僕としては、小林保雄先生にお会いすることは、芸能人に合うよりもワクワクします。一度小林道場45周年講習会でお目にかけましたが、お話はできなかったので、緊張するとともにワクワクしております(笑)

宮崎での講習会まで2週間を切りました。早く3日にならないかなぁ~。




miyadai_aikido at 03:40│Comments(0)TrackBack(0)合気道について 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字